2016年07月12日

【096】40代?転職できるのか?開業に向けて何から始めるのか?


【096】.jpg




「開業に向けて何から始めるのか?」というタイトルの記事があったので、タイトルをパクッて、内容はパクらず書きたいと思います。

自分でも開業してみて、しかも、パソコン教室を始めたはずなのに、何故か他の開業を手伝っていたりするという謎の状況です(笑)

それはさておき。

自分で始めてみて、いちばんに思うのは、「考え方の切り替えです」。

悲しいかな、私の仕事は、まだまだ「軌道に乗る」とは程遠い状態です。
そんな状態では、休んでいる場合じゃないし、不安に駆られるとどん底まで行ってしまいます。
そんな情緒不安定な状態では。接客にも悪影響が出るし、集中力も欠いて、思考停止に陥ってしまいます。

この辺りが、自分の領域の仕事だけをするサラリーマンとは全く違います。
社長や上司の愚痴を言うようなわけにはいきません。
得手不得手に関係なく、「自分で何とかしなきゃ」という状況です。
「うまいこと誰かに押し付けちゃえ」ってわけにはいきません。
体調不良とか関係ないし。

もちろん、経費にだって、かなり敏感になります。
サラリーマンなら、会社のお金だとついつい遣ってしまいがちですが、経営者だとそんなわけにはいきません。
赤字の間は、当然持ち出しです。
中小企業診断士の先生に「お給料はいっぱい取ってくださいね」と言われましたが、その言葉、よっくわかります。

昔、「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」なんて歌のフレーズがありましたが、経営のプレッシャーを思えば、まさにその通りです。

なので、例えば、現在サラリーマンをしている場合は、プレで、現在の会社のことを経営者として(経営者目線で)見てみることです。

例えば、先の経費のことを経営者の「なるべく経費は抑えたい」という目線で見てみることです。
例えば、社長の指示や、発言を、なぜ、そのように言うのかと、視点を変えて吟味してみることです。
近くにいる教育係の手法を見て、これで、社員が使えるように育つのか?それが違うと思うなら、どのように育てればいいと思うのか?ということを考えることです。
とにかく、目の前にある題材をサンプルに、どうすべきかを検証することです。
必ずと言っていいくらい、自らに降りかかってくることですから。

そこで得られた考え方や、プレッシャーに耐えられるか、どうか。
耐えられそうになければ、企業は止めたほうがいいです。
現実は、もっと厳しいです。
企業から1年以内に廃業する中小企業は、かなり多いです。
「よく2年目も続けようと決断しましたね」と褒められるほどだといいます。
はっきり言って、自己資金が切れるまでに軌道に乗るかどうかのせめぎ合いです。
こんなこと書いていますが、自分自身でもどうなるかどうか、正直なところ、恐ろしいです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

それでは〜〜〜♪

〜〜〜 笑門福来 〜〜〜





posted by 笑門福来 at 22:36| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。