2016年05月15日

【092】40代?転職できるのか?多趣味のススメ。副業のススメ。


【092】.jpg



釣り。
花・植物・ガーデニング。
旅行。
お城、神社仏閣巡り。
食べあるき。
料理。
ペット(ウサギ、インコなど)。
モノづくり。
写真。
辛島美登里。
阪神タイガース。
などなど。

これ、私の趣味です(笑)

広義で言えば、今は、接客業をしています。
こんな趣味のおかげで、話題には事欠きません。
これまでの、仕事での経歴を含め、今までやってきた全てのことをフル活用できています。

趣味とはいえ、いろいろしてきたことで、知識も多く、視野も広く、多くのことを紐付けることで、話題がどんどん広がっていくのを感じます。
おかげで本当に助かっています。

最近は、テレビでもよく取り上げられていますが、副業が話題です。

今までは、副業を禁止している会社がほとんどでした。
これ、アメリカ人には、かなりの謎のようです。
というか、日本人は、習慣として、それを受け入れすぎです。
アメリカ人は、仕事での拘束時間外に、個人が何やっても自由でしょ。というわけです。
全くその通りです。

そもそも、会社が副業を禁止してもいいとしても、だったら、その代わり、十二分に給料出しなさいと著しく思います。

それはさておき。
最近は、副業をすることを認めている会社が増えつつあります。
社内の研修では、限界を感じているようです。

個人個人、色々な副業をすることで、視野や人脈が広がり、会社自体にも好影響を及ぼすという考えが根底にあるといいます。

そういった意味では、多趣味と副業には、同様の要素があります。

ま、会社の経営を考えた時、だらだら会社にいて残業代をせしめられるよりも、副業を持たせていれば、その無駄な人件費は不要になるわけですから、一石二鳥、、、かも(笑)

話は逸れましたが。
一社内の一部署の中だけでは、考えが凝り固まり、画期的な意見は出にくい状況になることは間違いありません。
今、色々な仕事が、オートメーション化し、ロボット化しています。
そして、人工知能も日に日に進化しています。
こうなっていくと、やはり、人間にとって重要になっていくのは、「発想力」だと考えています。
その発想力を下支えしていってくれるのは、人間ならではの色々な経験と、それに基づく発想力、直感力だと思います。
これからの人間に必要な物は、一つのことを極めることと同時に、多くのことを経験しておくことだと考えています。

それでは〜〜〜♪

〜〜〜 笑門福来 〜〜〜





posted by 笑門福来 at 18:24| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

【059】40代?転職できるのか?ストックフォトサイトで写真を売ってみる

ストックフォト.JPG
この写真はOKフォトでした。
ここで使用している写真は解像度が足りないので販売できない状態です。


ストックフォトというのを知っていますか?

ストックフォトサイトというものがありまして、
簡単に言うと、素材用の写真を販売するサイトです。

今もありますが、素材集のDVDとか、CDとか。
このようなものを、メディア販売ではなく、
サイト上で1点ずつ購入可能というのが、ストックフォトサイトです。

購入側から見ると、素材集だと全然使わない写真もあるので無駄が多いですが、
ストックフォトサイトだと、1点ずつから購入可能なので無駄がありません。
また、サイトですから、内容が更新されていきます。
ですから、いつも最新の販売データを見て購入することが出来ます。
最近までなかった素材が、今日は見つかるかもしれません。

また、ストックフォトサイトの幾つかは一般の(素人)カメラマンが、
自分の写真を登録して販売することが可能です。

新たに撮影(取材)に行ってもいいし、今まで撮りためた写真を販売することが出来ます。

ただし、販売する素材には、いろいろとルールがあります。
サイトによって異なる部分もあると思います。
「ケータイやスマホで撮った写真は不可」など。
そして、当然、肖像権に抵触する(肖像権権利者からの無許可使用)ものは販売できません。
また、管理者がいる建物や動物、芸術作品で許可のない写真も販売することが出来ません。
許可については、各個人、施設の管理者などに確認してください。

例えば、前日、東京の上野公園の管理事務所で伺ったところ、
「事前登録が必要で、何時から何時までで許可を取ります。有料で1時間100円です」
とのことでした。

収益に繋がるかどうかは別として、風景写真や花の写真から試してみてはどうでしょう?

購入者が使用して、著作権者や管理者からのクレーム防止の為、審査はかなりうるさい印象です。

また、ピンボケ写真など技術不足のものも販売することは出来ません。
サイトによって、いろいろルールが異なるので、確認してみてください。

ちなみに私は「技術不足です」的な理由で販売拒否された写真があります(´・ω・`)。

写真以外にも、動画やイラストを販売できるサイトもあります。
サイトごとによく確認してください。

尚、一般に、広告用に購入されている場合が多いため、人物写真に需要があるようです。
人物写真の場合は、必ず、モデル本人(赤ちゃんの場合は親)からの許可証明が必要です。

くれぐれも、注意してください。


2015年9月に上場したストックフォトサイト大手
ピクスタのサイトはコチラ!
 ↓   ↓   ↓


それでは〜〜〜♪

〜〜〜 笑門福来 〜〜〜



挑戦してみたいけど、ちょっと自信がないという方、コチラはいかが?
↓   ↓   ↓   ↓
わずか3ステップ!プロが教える一眼レフカメラ上達講座3弾セット

※このブログの広告は、アフィリエイトサービスプロバイダA8.netを経由して、
各広告主様との提携により掲載しています。
posted by 笑門福来 at 19:34| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。