2016年05月17日

【093】40代?転職できるのか?誰が決めた?捨てたもんではないですよ。


【093】.jpg



スカウトされました(*´ω`*)
とあるお仕事(社会貢献)を手伝って欲しいと。

と、それを依頼されたのは、シニアの男性。
かなりの「ヤリ手」の方のようです。

自分のことを言うと、「人柄もいいし、近くに、こんな人がいるとは思わなかった」と言っていただきました(*^_^*)

そう言って下さった方は、私の亡くなった父と同い年。
父とは同い年ですが、まぁ、元気なものです。
目標であったり、バイタリティのある方というのは、年齢はあまり関係ないものだとつくづく思います。

さてさて。
この記事のタイトルです。

これは、求人情報について。

最近は、法律の改正などがあり、求人の年齢表記ができなくなりましたが、
その悪しき伝統は脈々と受け継がれています。

私が過去に務めていた会社で求人担当をしていた時も、上司から、年齢については口酸っぱく言われました。

私は内心、「なんでやねん」です(笑)

雇用というのは、年齢ではなく、それよりも、真面目さであったり、情熱であったり、視野の広さが大事だったりすると思います。

求人担当をしていた会社では、タレントの名前やプロフィールを覚えなければいけません。
必要なのは、記憶力と、タレント全般への興味です。
それと、若い感性といいます。

でも、何事も多様化が言われている昨今、「若い年齢 = 若い感性」とは、限りません。
記憶力も、何もしないでスッと覚えられる人もいれば、好きなことなら覚えられる人、覚えるコツを使えば覚えられる人と色々あります。
そして、お年寄りは「もう、歳だから覚えられない」と口癖のようにいいますが、それは、実は、いい訳です。
頭をつかう習慣があれば、記憶力は衰えないという研究が出ているといいます。
しかし、そこに必要なのは、興味だそうです。
お年寄りが物事を覚えられないのは、認知症などの病気の場合を除いては、今までの習慣の中で興味の範囲を限定してしまうことが原因らしいです。
つまり、今日もの範囲の限定外の物事は、衰えることなく覚えられるというわけです。

私が求人を担当していた会社では、年齢にこだわるあまり、現在必要とされている多様性を捨てていたことになります。
実際、偏った人材が多く集まっていたと、思える人員構成になっていると思っていました。

それとは離れて。

日本の企業の問題点としては、会社の規定に縛りすぎていることがあげられると思います。
実際に、いろいろな人にふれてみると、会社の規定通りでは働けないけれども、優秀で、会社の発展の原動力になってくれそうな人材は、沢山いると感じます。

冒頭で、私も、お褒めに預かったと書きましたが、私の能力自体のことはさておき。
ここだけの話ですが、私は少々体を壊していて、長時間の通勤や、満員電車が耐えられません。
また、呼吸器循環器系が悪いので、煙草のある環境にも適応できません。
そのようなことがあることや、年齢を含め、「会社の規定」では、働けない状況にあります。
元来はプログラマで、多くのプログラマは、出向先で働いています。
出向先に常駐となると、出向先の規定に左右されます。
禁煙規定がないところだと、働けない状況に陥ります。

私の場合は、体調面のことですが、それ以外にも、育児、介護、年齢(高齢)など、労働者の都合・事情は、人それぞれで様々。

これから発展を遂げる会社というのは、規定以上に、会社が個々の事情に柔軟に対応できる仕組みが何よりも必要なのだと思います。

そうでなければ、大切で、有用な人材を逃しますよ。

それでは〜〜〜♪

〜〜〜 笑門福来 〜〜〜





posted by 笑門福来 at 10:43| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

【092】40代?転職できるのか?多趣味のススメ。副業のススメ。


【092】.jpg



釣り。
花・植物・ガーデニング。
旅行。
お城、神社仏閣巡り。
食べあるき。
料理。
ペット(ウサギ、インコなど)。
モノづくり。
写真。
辛島美登里。
阪神タイガース。
などなど。

これ、私の趣味です(笑)

広義で言えば、今は、接客業をしています。
こんな趣味のおかげで、話題には事欠きません。
これまでの、仕事での経歴を含め、今までやってきた全てのことをフル活用できています。

趣味とはいえ、いろいろしてきたことで、知識も多く、視野も広く、多くのことを紐付けることで、話題がどんどん広がっていくのを感じます。
おかげで本当に助かっています。

最近は、テレビでもよく取り上げられていますが、副業が話題です。

今までは、副業を禁止している会社がほとんどでした。
これ、アメリカ人には、かなりの謎のようです。
というか、日本人は、習慣として、それを受け入れすぎです。
アメリカ人は、仕事での拘束時間外に、個人が何やっても自由でしょ。というわけです。
全くその通りです。

そもそも、会社が副業を禁止してもいいとしても、だったら、その代わり、十二分に給料出しなさいと著しく思います。

それはさておき。
最近は、副業をすることを認めている会社が増えつつあります。
社内の研修では、限界を感じているようです。

個人個人、色々な副業をすることで、視野や人脈が広がり、会社自体にも好影響を及ぼすという考えが根底にあるといいます。

そういった意味では、多趣味と副業には、同様の要素があります。

ま、会社の経営を考えた時、だらだら会社にいて残業代をせしめられるよりも、副業を持たせていれば、その無駄な人件費は不要になるわけですから、一石二鳥、、、かも(笑)

話は逸れましたが。
一社内の一部署の中だけでは、考えが凝り固まり、画期的な意見は出にくい状況になることは間違いありません。
今、色々な仕事が、オートメーション化し、ロボット化しています。
そして、人工知能も日に日に進化しています。
こうなっていくと、やはり、人間にとって重要になっていくのは、「発想力」だと考えています。
その発想力を下支えしていってくれるのは、人間ならではの色々な経験と、それに基づく発想力、直感力だと思います。
これからの人間に必要な物は、一つのことを極めることと同時に、多くのことを経験しておくことだと考えています。

それでは〜〜〜♪

〜〜〜 笑門福来 〜〜〜





posted by 笑門福来 at 18:24| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

お客様から、おみやげ頂きました(*^_^*)


20160504おみやげ.jpg



お客様から、おみやげ頂きました(*^_^*)

毎週来て頂いているお客様からおみやげ頂きました♪
しかも、次の予約までに賞味期限が切れてしまうからと、わざわざ持ってきていただきました!
ありがとうございます(*^_^*)

これは、本当に嬉しいことです。
相手はお客様。
おみやげを持って来て頂く必要なんてないのです。
サービスしなければいけないのは、コチラなのです。
にも関わらず、わざわざ、持っていただきました!
この事自体、本当に嬉しいです。

それだけでなく、このお客様についての接客が大方は間違っていなかった証拠でもあります。
まるで、自分がやってきたことに正解の○を頂いたようで、本当に嬉しいし、ホッとした気分でもあります。

会社を始めたばかり。
初めて代金を頂いた時も同じです。

こういう、ひとつひとつの感動を忘れずにいたいと思います(*^_^*)

同時に、被雇用者とは違って、ひとつひとつの嬉しい出来事が、一歩一歩辿り着いた充実感を覚えます。
これからも頑張って続けていこうという原動力にもなります(*^_^*)

それでは〜〜〜♪

〜〜〜笑う門には福来る〜〜〜



〜〜〜 こちらのブログのスポンサー様です。 〜〜〜


posted by 笑門福来 at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする